読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Formula試験運転

試験運転中です

トゥルーリによるアロンソ――アロンソはブレない?

なつかしのトゥルーリさん登場してなんかアロンソのキャラについて語ってるらしい、ということで訳しましたよー。もちろん個人的にはバトン派なのでトヨタよりはホンダなのですが、トゥルーリもなんという印象深いドライバーでしたよね。チョンマゲとかワインとか「情熱のトヨタリアン」とか。

でまあ元記事の趣旨はアロンソが勝てる勝てないってとこなんですが、まあそれはどうでもよくて(だってそんなのわからないじゃん)、やっぱ気になるのはキャラ評じゃないですか。まあアロンソのキャラってよく語られてて、世間でどう言われてるかをここで自分が改めて書くこともないと思うんですが、じゃあ結構昔のチームメイトのトゥルーリから見たらそれはどうなのか?ってとこが特に気になっててですね、それで読んでみたら、なんと!ものの見事にほかの皆様と変わらぬ印象のようでw…アロンソよ、さてはおぬし若かりしころから一貫しておったのか?

そんなこんなでいつものとおりいい加減な訳です。★のとこに特に注意を。訳のお直しコメント大歓迎です。っていうか、バトンについても一瞬チームメイトだったわけだしなんか語っておくれよー



フェルナンド・アロンソはもうF1で勝てないかもしれないと考えるヤルノ・トゥルーリ

元チームメイトのトゥルーリアロンソのF1での将来について思うところを語る

フェルナンド・アロンソルノーでの元チームメイト、ヤルノ・トゥルーリは、二回のワールドチャンピオンは残りのキャリアにおいてもう二度とグランプリに勝てないかもしれないと考えている。

このスペイン人のマクラーレンへの移籍は、それゆえひどく落胆させるものだった。そして、アロンソはこの英国チームの後には引退することになるだろうとのアロンソの声明*1があったので、彼が真に競争力のある車にはもう戻ってこれないということもありえる。

そのように、トゥルーリアロンソが引退する前に勝利をひろうチャンスについて悲観的だった★*2

アロンソがレースでかてるか、もしくはチャンピオンになれるか疑問に思う。」トゥルーリは言った。

マクラーレンはすぐには問題を克服できないだろう。だから、次の年もトップ集団にはたやすくは追いつけないと思う。」

二人はかつてルノーの栄光の日々において、かなりの時間をともにすごした。トゥルーリは、同僚としてアロンソについて率直に所見を述べた。

「僕はルノーではフェルナンド・アロンソとはとてもいい関係だったよ。第一に、いいドライバーと付き合っている★*3。彼は自分が勝てると分かっているし、勝ちたいと思っている。そして第二に、彼は仕切りたい感じのタイプなんだ。それはルノーでは良かったのかもしれない。卓越した存在感をもつドライバーを必要としていたから。」

「でも時にフェルナンドと付き合うのはタフだ。これは大変な体験だし、契約の苦しい側面だ。ドライバーとチームは折り合いをつけ、チームの状況を改善させるべきだ。」

「フェルナンドは良いチームプレイヤーだ。でもチームもドライバーもともに正しく協力しあうことが必要で、さもないと、彼は問題の種になってしまうのかもしれない。」

誰もアロンソの能力を否定することができないが、最高のドライバーでさえ、もし車が水準に達していないなら、決して勝つことはできない。

「先を行くチームも眠ってたり待ってたりしているわけじゃない。彼らは働き続け進歩し続けるだろう。」トゥルーリは続けた。

「レギュレーションの大きな変化やフェラーリがしたようなことがあれば、違うのかもしれない。彼らは状況をすごいやり方でひっくり返した。僕はそんなこと想像もしなかった。」

「なんでもあり得るんだ。でも僕は心配だ。フェルナンドの状況は勝つには理想的じゃない。僕が間違ってることを望むよ。」

マクラーレンは良いチームだ。でもマクラーレンフェラーリメルセデスよ戦っている。彼らはマニュファクチャラーだ。ここが大きな違いを生むところだ。」



こんな時代もありました。*4


☆個人的単語リスト
be set to=~することになっている、決まっている
get on top of=~の上に乗る→~を支配する、征服する
candid=遠慮がない率直な
or else=さもないと
up to scratch=水準に達して

*1:あれ、そんなこと言ってましたっけ?最近ニュースも全チェックとかしなくなったんで(←昔はやってたんすよw)見逃したかな?ってまあアロンソフェラーリのときもおんなじこといってましたがw

*2:As such, Trulli was cautiously pessimistic about Alonso’s chances of picking up another race victory before he retires. As suchとcautiouslyがうまくはまらない…

*3:Firstly,you are dealing with a good driver.このyouってなんなん?…基礎からしてなってないなあ自分

*4:いやまあ、自分は当時F1見てなかったのですが。…しかしこうぼちぼち新参な感じの人間からするとなんとも致命的に残念な個性的なレーシングスーツですねえ。バックの「100%るのー」ってのもイイカンジです!